2013年6月 1日

抜け毛対策にはストレス解消が効果的

joging480.jpg

ひとつの抜け毛対策として有効なのがストレスをためないということがあります。ストレスの作用によって抜け毛が起こることがあるそうです。抜け毛の原因の一つとして、血流がすみずみにまで行き届かないため、毛の成長や再生に必要な栄養が毛根に補給されないことがあります。血管がストレスの影響で縮んでしまうと、栄養が髪までいかなくなってしまうでしょう。比較的ゆっくりと頭皮の血行不良が進み、抜け毛を起こしてしまうことがあるといいます。

ある範囲の血流を一時的に断ってしまうこともあります。極端な場合が円形脱毛症です。過剰なストレスが抜け毛を促進すると分かっていても、そんなにストレス解消は簡単なことではないといえます。原因が仕事でストレスがたまっているのだとしても、なかなか仕事を辞めるのは難しいでしょう。ストレスが抜け毛に影響していると知ることで、対策の必要性を自覚しておくことは大事です。自分にとって気が楽になることや興味のあることをするなどして、ストレスがたまってきたらすぐにでもストレス解消に努めましょう。

くよくよ抜け毛について悩まないということが、ストレスをためない対策としては有効だといえるでしょう。外国では薄毛を気にする人は少なく、人と会う時もお互い気にしないといいます。大切なのは日々の生活習慣の改善や洗髪方法などの抜け毛対策をとりつつ、いつも抜け毛のことで悩んでいるようなことはやめて前向きに考えることではないでしょうか。

抜け毛予防と食事

日々の食生活の内容も抜け毛の予防のためには考えなくてはなりません。基本的には偏った食事はやめて栄養バランスのとれた食事をするように心がけることです。大豆や鶏肉、豆腐などは抜け毛予防をするために効果的な食材だといいます。髪には牛乳などの乳製品もおすすめです。ほうれん草やトマト、にんじん、シイタケ、セロリなどもどんどん摂ることを、抜け毛の予防には血行の促進がポイントになるのでおすすめします。

ビタミンEは血行の流れを良くして栄養を運ぶのに必要なビタミンです。うなぎの蒲焼きやいわし、サバ、秋刀魚、玄米などに多く含まれています。代謝促進のために血の流れを改善することができるビタミンAも無くてはならないものです。髪の毛が抜けにくく、健康になっていきます。良いのはお肉と一緒に摂取するという方法です。反対にあまり摂取しないほうが良い食品もあります。酸性の食品は抜け毛の予防をするために摂るのを避けましょう。

アルコール類、コーラ、コーヒー、アイスクリームなどの食品です。血行を促進する食事を心がけても血管を収縮してしまうの、タバコを吸うのは避けたほうが良いでしょう。アルコールの摂りすぎはマグネシウムやビタミンを体の外に排出してしまうようです。いろいろと抜け毛予防のためにできる食生活の工夫はあるので、毎日の食生活を改善するように心がけましょう。