2012年12月26日

発毛シャンプーと普通のシャンプーの違い

発毛シャンプーと、普通のシャンプーとの違いというのはいったいなんでしょうか。発毛シャンプーの目的は髪や頭皮のダメージを改善して、髪の毛を健康な状態にして抜け毛をへらし発毛を促すことです。石油成分などを使い、髪を洗う力を重視しているのがよくあるシャンプーです。まずは髪と頭皮の汚れを速やかに取り除くことを第一にしているわけです。洗浄力が強すぎて髪や地肌を傷めてしまったり、シャンプーに含まれている石油成分で地肌を弱くしてしまうこともあります。

現在、薄毛に悩まされている人の原因の半分はシャンプーにあるという人もいます。髪へのダメージを減らすため、発毛シャンプーには弱酸性アミノ酸を多く使って、肌や髪をガードしようとしているようです。頭皮などにダメージを与え難く、毛穴などに残った汚れを取り除いて、頭皮の状態を健康にしてくれます。大切なことは、皮脂を取り過ぎないと言うことです。

お肌にはある程度の油分が残っていなければ、水分をキープしたり、細菌繁殖を抑えたりすることができません。皮膚を外部の刺激からカードするためには、皮膚に存在している油分を全て除去しないようにすることです。新しい毛の再生は、発毛シャンプーを使った直後から開始するというものではありません。今日明日で髪がいきなり増えたりはしませんが、発毛シャンプーを使い続けることで抜け毛が減り、毛の再生が活発な頭皮になれるといいます。